アウトプットの練習帳

自分の考えが全くない僕が自分の考えを持つための練習として、おすすめできるモノ・コトについてつらつらと書きます。

薄い!軽い!マネークリップ(型サイフ?)

【概要】
なるべく手ぶらで出かけたいけど、サイフがパンパンなのは嫌。でも金属製のザ・マネークリップみたいなものも苦手という人に自信をもっておすすめできるマネークリップ(サイフ?)です。amazonで約1500円。kinzouという会社(セレクトショップ?)が出しています。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B076CPQNFT/ref=oh_aui_detailpage_o03_s00?ie=UTF8&psc=1

【メリット】
①薄い!軽い!ポケットの中での存在感なし!(サイコー!)
②高級感がある(革の色味、金属のボタンがいいアクセントとなりチープな感じがしない)。
③カード、お札は以外と入る。(カードはがんばれば5枚は入ると思います)

【デメリット】
①(当然ながら)小銭を入れるスペースがない。
②(今の所(使用し始めて1ヶ月)特に影響はないですが)端の部分のほつれが心配。
③女子ウケは両極端 笑。

【感想】
Apple WatchSuica機能でコンビニとか自販機とかの支払いができるので、サイフから小銭を取り出すことがめっきり減り、ポイントカードもどんどんアプリ化されているので、サイフからポイントカードを出すことがめっきり減り、もともと小遣いが少ないので、サイフからお札を取り出すことがめっきり減り笑、もうこの際マネークリップでいいじゃん!となったのが導入のきっかけ。

いろいろ調べてみる中で、さすがに裸でお札を持ち歩く金属製のザ・マネークリップは苦手だなと思っていたところ、革製タイプのマネークリップに遭遇。即決でした。

もともと休日は手ぶらで出かけたいという思い(男性でこういう方は多いと思います。サコッシュでぎりぎり)もあり、平日・休日問わず日々の生活で大活躍です。普段はお札2枚(どれかは聞かないでください笑)、カード3枚(クレカ、免許証、保険証)を入れて持ち歩いています。カードは無理すればあと3枚くらいは入りそうです。

ただやっぱり日本ではまだまだ現金での支払いが必要な場面(特に休日に子供と遊びに行くような場所(市民プールとか))が多く、お釣りを小銭でもらった時の絶望感はすごいです。ポケットの中でちゃらちゃらいっていて全額募金しそうになります。笑

周囲の人の反応は微妙(ふ〜ん、くらい笑)です。自分以外にマネークリップを使っている人に会ったことはありません。キャッシュレス、ペーパレスはどうやれば進むのかな、、、自分としては、やっぱりApple WatchiPadの導入がそういうもののきっかけになったので、デバイスは重要だと思います。